借りたい時に借りられて維持費もかからない

お金を借りたい時に申し込みをしてすぐに借りられる金融機関といえば消費者金融です。審査にかかる時間が短いので、どなたでも安心して利用していただけるのですが、消費者金融のローンなどでは借りて完済したらそこで終わりというわけではなく、解約しなければいつでもまた利用できるものです。(消費者金融によっては再利用の際に連絡を入れないといけない場合もあります。)

 

いつでも借りられるだけの金額を限度額として設定しておき、その範囲内で自由に借り入れできる、さらに利息は利用した分だけ、となるとかなり銀行口座に近い使い方ができるのではないでしょうか。

 

また、消費者金融のローンを契約すると、その消費者金融の会員やメンバーとなるものが多いです。メンバーとなることで多彩なサービスを享受することができるわけですが、消費者金融ではクレジットカードなどと違って会員であっても会費などを必要としません。もちろん会員になるにあたっての入会金なども要りませんので、いつでも借りられる状態にしておいても全く維持費がかからないわけです。

 

そう考えると、借り入れ枠は「どうしてもお金が必要になった時に申し込む。」というのではなく、「常に作っておいて安心できるようにする。」という方法がよいのではないでしょうか。いつでもすぐにお金が借りられる状態というのは、様々な点で余裕を持てるようになるでしょう。

 

また、借り入れ枠を持っていてもきちんと返済を続けていれば、新たなローンを申し込む際にマイナス要因となることはありません。返済が遅れていると、また返済に遅れるかもしれないと考えられて審査に通らない可能性が高くなります。しかしきちんと返していると、別のローンの審査でもきっちりと返済する人物とみなされることになるのです。ただし、消費者金融を含む貸金業者からの借り入れは全て合計して年収の3分の1までしか利用できません。この点を消費者金融のローンでは注意しておくとよいでしょう。