消費者金融は高金利ではない

消費者金融といえば高金利と決めつけていませんか?以前は確かに高利貸しなどと呼ばれていたこともありましたが、現在は貸金業法でしっかりと決められた金利によって借り入れすることができます。法律で決められた金利よりも高くローン商品を提供する消費者金融があれば、間違いなく違法業者、悪徳業者と呼ばれるところと言ってよいでしょう。

 

しかし、こんなイメージをガラッと変えることができる消費者金融も増えていることが現状です。消費者金融は、どうしてもお金を借りなければならない人が飛び込むところという印象がとても強いものです。今は借りたい方にすぐに対応できるということに加えて金利の低さが保たれていることから、様々な利用方法を実現できるようになっているところも多いのです。

 

消費者金融は、金利が高いからもしも他で借りられなかった時の安心のためにと考えて申し込みをする方も多いのですが、決して金利が高い商品ばかりではないのです。今は銀行カードローンでも金利の違わない商品も出てきているため、申し込みやすく借りやすいという特長を元に、使いやすさを考えて消費者金融を選ぶという方も増えているのです。

 

まずは一度消費者金融の金利をチェックしてみましょう。ただし、金利は自分で決めるのではなく消費者金融が審査によって決めるので、同じ限度額で申し込みをしたとしても申し込み先によっては違う金利となることもあります。申し込みをして審査を受けてみないと、どのような金利になるのかは分かりません。商品説明として書かれている金利は、あくまでも目安と考えておくとよいでしょう。

 

また、消費者金融のフリーキャッシングと呼ばれる限度額を最初に設定する商品では、最初に決定した限度額よりも利用していくうちに大きくなることが多く、それに伴って金利も下がることがほとんどです。長く使っていくほどお得な金利で利用できるようになると考えておくとよいでしょう。