銀行口座のバックアップ

気が付いたら銀行口座の残高が少なくなっていた、こんな経験どなたでもありますよね。もちろん「気が付いたら」ではなく、自分で使っているはずなのですがいつの間にか底をついていたということはよくあるものです。こんな時には、消費者金融で振り込みキャッシングを利用した借り入れがピッタリです。

 

消費者金融での借り入れは、ATMを利用するだけではなくインターネットなどで振り込みを依頼して自分の銀行口座にお金の振り込みを受けるという方法ができることも増えています。ネットを使った借り入れは、消費者金融から特定の銀行宛てなら曜日や時間に関わらず数秒で振り込まれるサービスを行っている所もあります。(プロミスから三井住友銀行かジャパンネット銀行口座宛てなら瞬フリというサービスですぐに振り込まれるようになっています。)

 

この借り入れ方法では、銀行口座からキャッシュカードを利用して借り入れたお金を引き出すというものだけではなく、銀行口座からの引き落としによる支払いがあるときなどに口座のバックアップとしても使うことができます。

 

公共料金の引き落とし日をついうっかり忘れていた、こんな時にも振り込みキャッシングができると安心ですね。振り込みキャッシングを利用するためには、振り込みを受ける口座がインターネットバンキングの契約をしていないといけないといった条件などもあります。口座を登録するといった手続きが必要なことも多いですから、利用前にはどのような流れで振り込みキャッシングができるのか確認が必要です。

 

引き落とし日などをついうっかり忘れてしまうことが多いといった方なども、振り込みキャッシングができるようにしておくと安心です。いつでもバックアップできる状態にしておいても、会費などの維持費がかかりません。利用した際には利用した日数分だけの利息を支払うことになるだけですから、お得な利用も可能です。消費者金融の使いやすさを最大限に活かせますね。