十分な限度額がある

消費者金融でお金を借りる時は、少額を借りてさっと返してしまうという使い方が多かったでしょうか。確かに今もこの利用方法はとても便利です。いわばお財布代わりのように使えるという点からも、お金の計画には大いに役立ってくれるものとなるでしょう。

 

しかし、消費者金融のローンでも限度額が大きな商品がたくさん出てきています。最高限度額は300万円や500万円となっている所が多く、さっと借りるだけでなくまとまった使いみちでも十分に対応できるものとなっているのです。

 

お金を借りる時には、限度額は慎重に決めたいものです。というのも、一律金利のローンでなければ限度額と金利が密接に関係しています。単純に言ってしまえば、限度額を大きくするほど金利は低くなるということになります。

 

とはいっても、消費者金融なら借り入れできる総額は総量規制によって決まっていますから、いくらでも限度額を大きくできるというものでもありません。また大きすぎる限度額を設定することで、返済が難しくなるほどの金額を借りてしまうという恐れもあります。

 

必要な金額をそのまま限度額にしてしまうのではなく、何度でも借りられるという点も考慮に入れて限度額設定するようにしましょう。また利用していくうちに限度額増額ができるローンがほとんどですから、最初は少ない限度額にしておいて徐々にアップさせるという方法もよいでしょう。こういった時も十分に大きな限度額があるローンを選んでおくと、自分がアップしたい金額まで上げることができますね。

 

ローンスペックの中では誰もが金利を重視するものですが、大抵はこのように金利と限度額は一体といってもよいものです。金利を比較すると同時に限度額も比べておいて借り入れ先を決定することを忘れないようにしましょう。